武ダホールディングス社長兼CEO武田幹郎個人とグループ会社の恵庭建設が恵庭市へ寄付を行いました

2021.12.10

2021年11月、武ダホールディングス社長兼CEO 武田幹郎個人とグループ会社である恵庭建設は恵庭市が推進する「花の拠点」発展のため、ふるさと納税として武田幹郎個人で100万円、恵庭建設200万円の計300万円の寄付を行いました。

武ダホールディングス社長兼CEO 武田幹郎と恵庭建設社長 本荘武則は11月24日に恵庭市役所を訪れ、目録をそれぞれ原田裕市長へ手渡しました。

その様子が12月10日の北海道建設新聞へも掲載されました。

今後も武ダグループは地域に寄り添った取り組みを積極的に行い、地域のまちづくり活動に積極的に取り組んで参ります。

2021.12.10 北海道建設新聞